Sri Lanka 2018 (21)

Sri Lanka 2018 (21)_f0170995_23171419.jpg

Sri Lanka 2018 (21)_f0170995_23170843.jpg

Sri Lanka 2018 (21)_f0170995_23221731.jpg

大好きな曲、My Way.
(フランクシナトラも好きだけど、プレスリーが歌うのが好き!)

偶然なのか?旅先でいつも流れてくる大好きな曲、マイウェイ。
ひとり旅での夜ほろ酔いで聴く、マイウェイ。
一気に旅のムードがアップして感情的になってウルウルとしてくる。自分の背中を押してくれるような。この夜はバイオリンで流れだした、マイウェイ。思わずバイオリンにあわせて口ずさんでいたらつぎは「桜」を弾いてくれた。


気持ち〜いい、この海の横のバワのホテルで数日過ごした。

寝れたらどこでもどんな宿でもいいと思うときもあるけど、たまにはちょっと背伸びをした場所で過ごすのもいいと思える。アリがベッドを歩いているうえにダニに刺されて痒い!ってのもいいし、ハッピーアワーにジントニック飲んじゃって居心地よすぎて明日わたし死んじゃうんじゃないか?ってくらいなところ、どっちも好き。

…っというようなことをいつものように日記に書いていたら、少し酔ったのかボールペンを失くしたことに翌朝、気づいた。そしたらブレックファーストのときギャルソンがわたしのその日本製のボールペンを使っていた(笑)







# by sun3-sea4 | 2020-02-26 23:16 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

Sri Lanka 2018 (20)

Sri Lanka 2018 (20)_f0170995_23020692.jpg
Sri Lanka 2018 (20)_f0170995_23015994.jpg


スリランカの古い刺繍を見たくて立ち寄った海沿いの街。
刺繍のアトリエはホリデー中で見れず、、、が、釣り人に出会えた。
木登りスタイルの釣り人!



# by sun3-sea4 | 2020-02-25 23:01 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

Sri Lanka 2018 (19)

Sri Lanka 2018 (19)_f0170995_23354080.jpg



Sri Lanka 2018 (19)_f0170995_23392917.jpg




Sri Lanka 2018 (19)_f0170995_23364753.jpg

ピンクの湖。

夕ごはん(今夜はバーベキュー)まで湖へ散歩。
…と理由をつけつつ実はホワンに付き添ってもらってお酒の買い出し。笑

おーい!と湖から手招きするおじさまが見えた。(腰に布を巻いたおじさま。手前のライフベスト着たのはドライバーのホワン!笑)安くするから俺のボートに乗ってくれ、と言っているらしかった。値段交渉をしてボートに乗った、とたん、おじさまはボートをものすごいスピードで湖の真ん中にある島へと走らせた。そこは鳥たちのすみかでそれはそれは今まで見たことない無数の鳥たちと聞いたことのない鳴き声がする島だった。ボートを停めて島を眺めていると…日が暮れはじめ、あたりがどんどんピンク色に染まっていった。こんなロマンチックなピンクのサンセットを見たのははじめて!…っていう顔をしておじさまを見たら得意げだった。きれいなきれいな瞬間だった。

おじさまはきっとこの景色を見せたかったんだと思うんだ。だからいますぐボートに乗って!とわたしを誘ったんじゃないかと思う。

日が落ちて湖も真っ暗になったころ、今度は街の明かりが反射してこれまたロマンチックになった。

そうしたらおじさまが!湖に浮かぶロータスの蕾を摘んでわたしにプレゼントしてくれた。ロマンチック〜!
岸にボートをつけてバイバイするとき、おじさまはわたしの手をカサカサの手でギュウと握った。わたしもこんなロマンチックな景色を見せてくれてありがとう!っていう気持ちを込めてギュウと握りかえした。ギュウギュウ返し。
ボートのおじさま元気かな?と時々ふと思う。花はもちろん絵でもテレビでもロータスを見るとおじさまのことを思い出す。
いますぐ飛行機に乗って会いには行けないけど、気持ちは時空を超えて湖に届けているように感じている。
一期一会って言葉あるけどわたしは欲張りだから、もう1度会いたくなってしまうんだよな(笑)キリのない気持ちと欲張りな我が人生。うーむ





Sri Lanka 2018 (19)_f0170995_23370635.jpg

# by sun3-sea4 | 2020-02-24 23:35 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

Sri Lanka 2018 (18)

Sri Lanka 2018 (18)_f0170995_19034733.jpg
現地人。

174.pngSUNBURNED174.pngスリランカ半ばすぎの焦げハーフの時、、、、
シミon日焼けonシミafter日焼けの無限ループ(涙)髪はゴワゴワたわし。
現地人みたいになって現地に馴染めたら一人前!と思いつつ帰国していつも後悔するのがパターン。






Sri Lanka 2018 (18)_f0170995_19144834.jpg


# by sun3-sea4 | 2020-02-23 19:01 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

Sri Lanka 2018 (17)

Sri Lanka 2018 (17)_f0170995_10080913.jpg
Sri Lanka 2018 (17)_f0170995_23152643.jpg



ひとりで行ったりやったりすることで寂しいことってなんだろうか?

ひとりでコーヒーさえ飲みに行けなかったわたしが、今では行きたい気持ちがあればひとりでどこにでも行けるようになった。
こうしてサファリにも!笑。ジープを貸し切って!
はたから見たら女ひとり、それもサファリやってるだなんてすごく寂しく思われるのかもしれないのだが、そんな人の目さえも気にならなくなったわたしはずいぶんとたくましくなったんだと思う。
それも実はこれ、スリランカにきて2回目のサファリ(笑)1回目はスリランカの北のほうで、今回は東側で。

朝3時すぎ、宿を出発。
暗闇の中ジープを走らせチケットを買いスタンバイ。
チケットを買った順にエントランスに並ぶことができるから、どれだけ早くチケットを買うかが勝負。
門が開く時間が近づくとまるでF1のように各ジープがエンジンをブルンブルンふかしはじめる。
わたしのジープのドライバー(兼、サファリナビゲーター)は、元ヤンキー風の少年。
タバコ片手にエンジンふかす姿がなぜかジャスティンビーバーに見えてきた。
ダンスのステップ踏むみたいにアクセルとブレーキで巧みに運転する姿にシビれた。足もとはビーサンだし!野生的〜113.png

HEY! LOOK! NICE DEER!

、とジャスティンビーバーに声をかけられてパッと横を向いたらすぐそこに!バンビ柄の大きな大きな、信じられないくらい美しい鹿が立っていた。一瞬ときが止まったかと思った。チーターも象もみれたけどあの美しい鹿と見つめあった瞬間が忘れられない思い出。

ひとりで行ったりやったりすることで寂しいこと?
ひとりでサファリも寂しくないけど、誰かと一緒ならもっと楽しいサファリだったのかも?あの美しい鹿を見れた感動も一緒に共有できたら倍増したのかも?野生的なスリランカのジャスティンビーバーにキャアキャア一緒に盛り上がってみたり?(笑)

感動や喜び楽しさを共有できたらそれらはきっと倍増するんだろうね♡



Sri Lanka 2018 (17)_f0170995_10080542.jpg




# by sun3-sea4 | 2020-02-22 22:39 | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30