2014年 04月 25日 ( 1 )

春を食べる、その2

f0170995_15433226.jpg


f0170995_15434353.jpg


f0170995_15435411.jpg


都会のひとはお上品に食べるのかもしれんけど、
いなか出身に言わせてみりゃあ、豪快に作って豪快にもりもり食べるべし!だべさぁ〜

うども皮なんかむかねえでさ、皮ごとジャジャジャと炒めて
ジャンジャカ食べる

「こちら、うどの皮のきんぴらです」800円
なんて地元の食卓にはなかったよ。
そそそんな皮だけなんて…食べるなら全部だべさ〜!笑
が、真実はわかりません。
(酢みそは別として)

いろんな食感が味わえる実家式きんぴら。
「こちら、うどの丸ごときんぴらです」0円

けども、なんてたって
おばあちゃんお母さんが作った「山菜ごっつお」がいちばんうんまいのう〜

木のしゃもじが菜箸がお玉が、しょっぱい色になるくらい炒めて炒めて
何回も何回も作らんとおいしい「山菜ごっつお」は作れんのう〜


f0170995_1549549.jpg


昔、おっきなすり鉢でほうれん草のゴマ和えを作っていたとなりん家の母ちゃん(みはしやの母ちゃん)が
手で和えながら、その手で味見して言ってたー。
「手で和えらんがいちばんいやんだて〜、この手がいちばんうんまくできらんだよ〜」

おにぎりもおんなじ法則だあ
ラップで握ったおにぎりと、手で握ったおにぎりの差は確実にある。

炊飯器に残ったごはんでひとくちおにぎりを作って
すり鉢に残ったゴマにころころからませたゴマ和えおにぎりも
最高においしかったなあ

みはしやの母ちゃんがゴマだらけの手でにぎったそれを
口のなかにヒョイ!っと、いれてくれるの


f0170995_16332426.jpg

by sun3-sea4 | 2014-04-25 15:43 | 食いしん坊 SUNSEA | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx