IKAN BAKAR

f0170995_10091990.jpg

f0170995_10091338.jpg

f0170995_10110294.jpg

f0170995_10105700.jpg


暗闇を抜けWayanさんに連れていってもらった海の家みたいな小屋がズラ〜と並んだ場所。
それぞれ行きつけのお店があるみたい。
そこまでは有料道路なのに、地元の人たちは抜け道を知っているから誰も有料道路を通らない(笑)道路を作った意味がない、そういうバリのスタイルが大好き(笑)
軒先のケースを覗き、美味しそうな魚を選んで、好きな料理にしてもらえる。
大好きなイカンバカール(魚焼)


果実は食べて、果汁は飲んで、種はミルクにしたりオイルにしたり、そんでもって殻で魚を焼くんだもんな。
殻で作ったお皿やカトラリーもあるし、捨てるところがない。
COCONUTってスンバラシイな。
椰子は成長が早いからグングン育つんだって。
グングン育った椰子をドンドン活用しているこの生活がスンバラシイ。
自然と共にある暮らしがスンバラシイ。
たぶんバリのみんなにこういうのスンバラシイって言ったら、あたりまえのことすぎて(え?なにが?)って不思議がられるんだろうな。笑
バリのみんなは、日本に行きたい東京に行きたい仕事あるかっていうんだよな、、、、今でもたまに仕事紹介してってメッセージくるし103.pngなぜなぜバリにはスンバラシイ生活があると思うのになー。お互い、ないものねだりなのだなー。

どんなに時が経っても、椰子の殻で焼いた魚のおいしさが蘇る。
何十年もインドネシアを行き来しているWayanさんでさえも空港からこの場所へ直行する時があるらしい!
WE ARE IKAN BAKAR ADDICT !







by sun3-sea4 | 2019-11-17 10:10 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31