勝手にしやがれ

f0170995_11281307.jpg

クィクィッ!
私は毎朝、駅前のBARでエスプレッソを3秒でキメていた。
ぜんぜんかっこつけれないけどイタリアさんの真似をしていたのだった。
クィクィッ!
いろんな人が(カフェイン注入!)ってかんじで颯爽とエスプレッソをキメる光景がとてもかっこよくうつった。

3日目の朝、BARのお兄さんがウィンクしながらエスプレッソの脇にチョコレートを添えてくれてとってもうれしかった。いろんなお店に行くのもいいけど私は同じお店それも普通のお店へ通うのが好き。
BARもcaféも毎日たくさんのお客さんが訪れる中、こんな薄顔で大した特徴もないじぶんを覚えてくれたって思うだけでうれしくなってしまう。ぎこちなく片言のイタリア語、しかも思い切り間違えたりして笑われて(笑)注文する私を覚えてくれていたのかな?

夜、同じ駅に帰ってくると自分がまるでそこに住んでいるみたいに思えてこれはまたうれしい。
同じ道を歩いていつもの宿に帰る。同じBARに寄る。
ただそれだけでその街が自分のものになったような気がする。

だからその街を去る日は、なんだか勝手にさみしくなる。
自分勝手でしょう?







f0170995_11294808.jpg





by sun3-sea4 | 2017-09-03 11:27 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx