レナード、ならぬ、ボローニャの朝。

f0170995_16530268.jpg

知らない街のはじめての朝が好きです。
カーテンを開けたら、小さな十字架が見えてイタリアにいると感じました。

ふだん寝ぼすけの私もこの朝は、うんと抜群に早起きさんです。
知らない街に夜に到着するのはけっこうドキドキだけど、
この朝の気持ちを感じれるのならその不安は乗り越えられる。

あんなに暗かった夜道が嘘だったかのように、
石畳は朝から太陽に照らされていてまぶしかった。
宿のまわりをうろうろと散歩したあと、窓から見えた教会のほうへ向かう。

ギギギーと、その小さな教会の扉を開けると
中は真っ暗で蝋燭が灯るだけ、けして金銀きらびやかでない静かで美しい教会だった。
すると向こうからおじさまがのしのしと私に近づいてきて何かを話した。
イタリア語だったので首をかしげたら(英語だったとしてもたぶんわからないけどさ145.png
やってきました、イタリアでの初ジェスチャートークのはじまりです。

手招きで案内されるまま、おじさまについていったらそこは特別な部屋らしかった。
写真撮れって言う(ジェスチャーする)から、何枚かカメラに収めた。
オレたちひょうきん族の懺悔部屋に見えちゃったな(笑)
上から水が降ってくるんじゃないかな?(笑)

そのあと、案内されたのは裏門だった。
おじさま早めのランチタイムだったみたいで教会閉めたかったらしい。
そんな時に私が入っていっちゃったもんだから、、、
ごめんごめんごめんなさい。おたがい笑いながら、チャオ!

私はその静かな空気が漂う教会に惹かれて毎日通いました。
日本へ帰る朝、最後の教会に行ってみるとしばらく見かけなかったおじさまの顔が見えた。
「Tutto bene? 明日も来るか?」「今日帰るんだ、けど必ずまた来るね!」と言葉を交わした。
暗くてわからなかったけどよく見たら、
おじさまパープル色のラルフローレンのポロシャツを着ていて首に十字架を下げていて、
90年代のラッパーみたいだった!かっこいいじゃん。
もしかして、、、ずっとおじさまって思ってたけど、お兄さんだったのかもしれない!


Tutto bene?
っていうイタリア語は、うまくいってる?っていう意味なんだって。
What's up?How's going的な感じでかっこいいな。
そう言われてもいまだになんて答えたらいいのかわからなくて
スマートな会話ができない私であります103.pngチャオ

f0170995_16531578.jpg

f0170995_16531192.jpg

by sun3-sea4 | 2017-08-19 16:52 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx