漂流教室 in 1987

f0170995_19255723.jpg
f0170995_19264378.jpg
f0170995_19265474.jpg
f0170995_19281604.jpg
f0170995_19281111.jpg
f0170995_19261908.jpg


漂流教室は漫画しか読んだことがなく、映画をはじめてみました。
よねごろうさんは小学生の時、映画館へ観にいったそうで、
実家にこの映画の下敷きが取ってありました。

とあるワンシーンで
(あー!ヒッチコック!)と、すぐにサンプリングがわかるのもたのしい。
そのサンプリングがたのしめるのはきっと
三田佳子さんと小林稔侍さんの演技と雰囲気、そして取り入れ方なんだろうなあ。
たしか志村けんさんもヒッチコック風におもしろい話を作っていたような気がします。
サンプリングは尊敬と取り入れ方と、たのしみ方と、それを自分なりに表現すること?
とてもむずかしいことだけどそこから生まれるあたらしいことを目指して
たのしんでチャレンジしていきたい180.png








# by sun3-sea4 | 2017-08-10 19:25 | SUNSEA top!c | Comments(0)

So Nice

f0170995_18583020.jpg


VINCENT GALLO
左側のレコードからは、So nice〜 So nice〜 So nice〜
右側のレコードからは、So sad〜 So sad〜 So sad〜(So blueも有り)

何度も改良を重ねて定番で展開している生地、Super Nice Material (最近は略してSNM)も、
Super改め、So Nice Materialになる日も近そうな、、、?笑

それにしても、ビンセントギャロの録音はすごい。
レコードで聴くのはもちろんすばらしいのだけど、
YouTubeで聞いてもパソコンの右左からステレオで流れるのに感動してしまった!
So nice〜

f0170995_18583670.jpg





# by sun3-sea4 | 2017-08-09 18:57 | SUNSEA top!c | Comments(0)

Wool of Dreams.

f0170995_18515190.jpg

春夏にあたらしく使った生地の名前は、Wool of Dreams.
ネーミングの由来はあそこからです。
ヒントは発音の流れ(笑)
そう、あのケビンコスナーの。

コートは歩くと風になびいて、
ほんとうに夢のような羽織り心地で気にいっています。
着心地というと楽チンなイメージがあるけど
きっとそうではないこともある。
着ているとなんだかいつもより颯爽と歩けるとか、ピリッと背筋が伸びるとか、
そういう気持ちになる心地よさって大事だよなー。
気心地っていうのかな?


VEVLETの高相さんがこのコートについて丁寧に書いてくださった記事110.png






# by sun3-sea4 | 2017-08-08 18:29 | SUNSEA top!c | Comments(0)

18-hour delay!


f0170995_15295924.jpg

帰る日。
空港に着いたら、われらの飛行機が飛ばないとのことだった。
18時間の遅延を言われ、ざわつくチェックカウンター。
それは夜21時すぎのことで、さて大きな8個の荷物を抱えてどうするべきか?
じゅんちゃんがすぐに空港近くの宿をブッキングしてくれて
Uberで大きなワゴン車を呼びその宿へ向かった。

思いがけない出来事に
どうなるのかなぁ?明日は飛ぶのかなぁ?
真っ暗な道路を走る車内で
Kenくんが「あ〜、どん兵衛、喰いて〜!」と叫んでみんなで大笑い。
ちょっとちょっとほんとうだよ 
こんな時はなおいっそうおつゆが恋しいよ!

到着したのは郊外のモーテルだった。
49ERSのスタジャンカップルがすっきり顔でエレベーターから降りてくるようなモーテル(実話)
こんな予定外に心ざわめく時はビールでも飲んでさっさと寝たい。
と思ったけどビールなんてどこにもなさそうだった。
部屋のカーテン越しに周りを除くも
真っ暗でようすは全くわからず、、、
薄暗く光るリカーショップが道の反対側に見えたけど、
怖い映画のワンシーン(夜のデリにピストル持った男がやってきてレジのお金奪うやつ)が頭に浮かんで躊躇。おとなしくどん兵衛を食べながらビールを飲むのを想像してベッドにはいった。

その翌朝、早起き探索家Kenくんの声で目覚めた。
「よねごろうさん、しゅうこちゃん、やばいよ!この先にでかいスリフトがあった!」
(なぬ〜!)
夜とはちがって、やっぱり爽やかなカリフォルニアの朝。

その大きなスリフトで大興奮。
花瓶やカップ(また重いもの!)、そしてどんなデブッチョさんが着ていたのかなっていう私のすねまであるブルックスブラザーズのオックスフォードボタンダウンシャツを見つけました。
いいことあるじゃん🎶

薄〜く煮詰まったモーテルのコーヒーもたまには良し。
思いがけない飛行機の遅延、そのハプニングもいい思い出です。


f0170995_14300833.jpg







# by sun3-sea4 | 2017-08-07 14:29 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

nonsense

f0170995_18130456.jpg

サンフランシスコのチャイナタウンで買うたぼうし。
セロニアスモンクがかぶっていそうな感じ?
彼のビシッとスーツにニット帽とかベレー帽の姿、かっこいいよなあ。
鍵盤を弾く指に光る大きなゴールドリング。変な眼鏡。
60年代の白黒映像でもビシビシ感じるそのセンス。

セロニアスモンクは、映像で見るほうが好きです。
(…っなんていうと、よねごろうさんがまた細い目でこっちを見そう。笑)
だってだって
すぐに、わぁセロニアスモンク!とわかる彼の独特のリズムは、
耳だけなく目でも見たほうがより楽しめると思うのです。
気分がのるとピアノから離れて踊り出したりするのほんと最高です。
思わずこっちまで踊り出しちゃいそうな展開。
そうなるとソファに座ってじっくり聴いているのなんて私にはムリ。笑

Kenくんがずいぶん前のPOPEYEマガジンで
セロニアスモンクのことを
ナンセンスな人、だったか?ナンセンスなことができる人?
確かそんなことを言っていて私もそれにとても共感しました。
ナンセンスなセンスを表現できる人に憧れます。

ナンセンスで思いだしたスチャラダパーの名曲、タワーリングナンセンス。
「内容はナンセンス、それがキーワード 何年経っても スチャラダパー」
うーん、いい歌詞。

セロニアスモンクに憧れて買ったこのチャイナ帽ですが、、、
SFO空港でかぶっていたら
「What airline? チャイナエアライン?」って空港職員さんに言われちゃったよ103.png
本場系?ち、ちがうし103.png103.png
まだまだナンセンスをセンスにできない、くやしい。笑











# by sun3-sea4 | 2017-07-03 18:12 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

by sun3-sea4
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31