お坊さんの靴

お寺の前で托鉢中のお坊さんが履いていた靴!

托鉢といっても椅子に腰かけ
鉢をグイグイとわたしに突き出していらしたから
托鉢じゃないような?もしかしたらお坊さんじゃないのかも…しれ…ない
(なんというばちあたりな憶測…ごめんなさい…)

f0170995_16381947.jpg


お坊さんの鉢のなかにチャリンと銭を入れ
じゅうぶんにずうずうしく、またまたばちあたりなのは承知のうえで
その靴がどこで買えるのか聞いてみました。
それは何度もお坊さんの前をいったりきたりして考えに考えたすえの行動。
尋ねなければきっとあとで後悔してしまう!?

そうしたら、、、会話が通じなかった(T_T)

いったん引き返し、薬草ジュース屋の路地裏で第2回作戦会議(じぶんとだけど…)
そこでわたしはshang shangに連絡をして
どう言ったらよいか漢字を教えてもらうことにしました。

那雙鞋在哪裡有賣?

この言葉をメモに書いてまたお坊さんのもとへ。
お坊さんはわたしの顔をみてまたお賽銭がもらえるのかと思ったのか
にこやかにほほえんでそっと鉢を差し出しました。

そこでわたしもにこやかにほほえみ返し、そのメモを差し出す(笑)

お坊さんはそのメモに目を通し、首をよこにふりむずかしい顔…
そしたら横から助け舟をだしてくれたハーフらしきお父さんがひとしきりお坊さんと話したあとに英語でひとこと。

その靴は売っていないよ、お坊さんしか履くことができないものだよ。

ガッテン!ガッテン!
けどお坊さんもどこかで買っているわけだよなあ、、、、
(しつこいわたし)

結末をもうしますと
そのあとの出会いと出会いが重なり
数日後ついにこの靴を見つけることができました。
拍手〜、、、ってここまでしつこいと拍手じゃないか、、、、
お坊さんショップに訪問したわたしの姿をみた瀬戸内寂聴さんのような店員さんに
「あなたが履くのですか?」とビックリされてしまい、恐縮してしまいました。

カンフーシューズやバレエシューズ、コックシューズやジグザグシューズみたいにお坊さんの靴が欲しかっただけなのに、
ここまでして良かったのか否か!?
by sun3-sea4 | 2015-10-22 16:35 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

ひとり飲茶中、螺旋階段をマッハスピードで掃除機をかけるおじさま発見。
よく見たら赤い掃除機はHENRYだった。
古いホテルのなかのお掃除おじさまと真っ赤なHENRYの光景に高揚して
わたしはレストランを飛び出しておじさまに駆け寄り
「わーっ、HENRY!!」話しかけたんだけど…

くち、ぽかんとしたまま頭傾げて
HENRYと一緒にいってしまった
言葉通じないにしても、わたし…あやしいヘンな女じゃないかね?
f0170995_13124362.jpg

f0170995_13125949.jpg

おじさんはHENRYと散歩してるみたいに連れまわしているだけで
ぜんぜんお掃除してなかったよ
by sun3-sea4 | 2015-10-19 13:12 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

f0170995_19275721.jpg

タイペイのスーパーマーケットの棚に
輝きパンテーンと、うるおいダヴにはさまれた懐かしい瓶を発見しました。

さっそくshang shangに聞いてみたら
「わぁ、なつかしい!小さなころの思い出のにおい。虫にさされたとき、それから部屋のにおい消します。けどシューコさん、これおばあちゃんのにおいですよ」と笑われてしまった。

なんにせよ
おじいちゃん、おばあちゃん系のにおいが好きだから張り切って購入。
ついでにボディパウダーも。

墨汁と煙草が混ざったにおい(これは小さいときに通っていた近所の習字塾のにおい)
焚き火のにおい(キャンプの夜、ジャックダニエル片手に焚き火したにおい)
手についた松の木のヤニの香り

瓶の少女のスカートみたいにふんわりした懐かしいこの台湾の香りも仲間入り

トランクの中でちょっと漏れてしまって
家についてトランク開けたらフワ〜と台湾が漂いはじめた。

f0170995_19282143.jpg

by sun3-sea4 | 2015-10-17 19:13 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

金城武の家!?

f0170995_0354986.jpg

金城武のお家におじゃましました!

というのは
淡水という街にある先日結婚式をあげたshang shangのお家。
だんなさまのLeeさんが新年に張り切って書いたという赤いお札。
「淡水金城武」
おもしろすぎて玄関前で爆笑してしまった!
金城武さんとは真逆のステキさを持つLeeさん。
お茶目なLeeさんの大ファンに(笑)
言葉が通じないのに「淡水金城武」だけで笑いあえるって素晴らしい。
shang shangはお茶目なLeeさんと笑いあって楽しい毎日だろうな

そんな淡水の金城武ことLeeさんが
秘密のスポットへ夕陽を見に連れていってくれました。

車を停めて
草むらのなかのケモノミチを歩いて堤防まで。
堤防の先端に立つわたしたちの背中は沈む夕陽に照らされる淡水の街。

じーーーーーん

きれいな夕陽を見れるなんて思ってもいなかったから
悦びは倍増。

美麗的夕陽景色!

朝陽の力強さも好きだけど
沈む夕陽に潜むなんとも言えぬ穏やかさはもっと好きです。

金城武と一緒に夕陽を見れた♡うれしい思い出だなあ(笑)

f0170995_0342943.jpg

f0170995_0345696.jpg

by sun3-sea4 | 2015-10-14 00:33 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

f0170995_23181041.jpg

元気があれば、なんでもできる!by アントニオ猪木

けっきょく、
台湾に行ったのに小龍包を食べずに帰ってきてしまった。
が、しかし、ひとりで飲茶に行った。
ホテルの近くの古いホテル
螺旋階段をのぼった2Fの老舗飲茶屋さん。

小龍包は数が多いからここでもやっぱり食べずじまい。
蝶ネクタイの給仕係のおじさまが
ひとりのわたしに台湾ビールを注いでくれてやさしくしてくれました。
なかなかいいぞ、ひとり飲茶。
今度行くときゃあ、
ちびちびと熱々の紹興酒でもやってみようじゃないか腸詰めを肴に

勇気があれば、飲茶もできる!by サンシー米山
by sun3-sea4 | 2015-10-12 23:16 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

f0170995_226328.jpg

猫と女主人

f0170995_2231135.jpg

台湾の猫の風格、良し。

生地屋さんや薬草屋さんお茶屋さんがいっぱい並ぶ古い街
猫もいっぱい
これぞ THE 台湾情景、やってきました激写のチャンス!

と思って1枚撮ったら
ジージージー 
ジージージー
巻き戻される音

フィルム残数1枚だったって…
こんなときに限って
はじめて替えのフィルムを持ってきてなかった日であった…

となりによねごろうさんがいたら
(ー_ー;)って顔されるで賞(笑)

今度行くときは
替えのフィルムをいっぱい持って
シャッターチャンスを狙いに行くぞ!
by sun3-sea4 | 2015-10-11 21:50 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

f0170995_205213.jpg


FLEA MARKET AGAIN.

朝のフリマまわりを終えた雨が降りそうな午後、
「圖書館2F」それも室内という文字を見つけたので電車で行ってみることにしました。

いったんホテルに戻り、滝行のようなシャワーで汗を流す。
(倒れそうになるくらい水圧が強力なシャワー)
あまりの気持ちよさにそのままベッドへ倒れこみたくなるんだけど
そうしてはいられないのでまた大量の汗をかきに街へくり出すんだ!

夜は夜市になるというなまくさいマーケットを通りフリーマーケット会場へ。
圖書館2Fと情報を得たけれどどこにも圖書館は見あたらなかった、が、
それらしき漢字の看板を発見!

階段を登るワクワク感。
f0170995_203103.jpg

GARAKUTA BAZZAR!

かごのなかをほじっていると
「もしかして日本の方?」と
お母さんから声がかかった。

お母さんはむかし日本に5年間住んでいたそうで
なんと代々木公園と明治公園、ときに新宿中央公園のフリマに行っていたそうな!
それもなかなかのフリママスターらしかった。

もしかしてどこかの公園で会っていたかもねえ、と握手を交わす。
それしにてもあなた、よくここを知ったわねえ
若いのに(*若くないけど*)古いものが好きなんて変わってるわね!
と驚きながら
出会いの記念にと花瓶のようなソースピッチャーをプレゼントしてくれました。
古いものよ、と言っていたけど詳細は朝のフリマのお皿同様に不明である。笑
1万円と言われればそう思うし
100円と言われればそう感じてしまうのが詳細不明の良さである(ガッテン!)

f0170995_2110567.jpg

f0170995_21101748.jpg


別れぎわにお母さんから新たなフリマ情報を教えてもらいました。
わかりやすい?にくい?シンプルな地図!
世界のフリマ好きは皆、友達だ〜!
お母さん、多謝!

f0170995_21244272.jpg

記念にお母さんから買ったクマちゃん。
その日から部屋に戻るとベッドの上で待っていてくれるのはベッドメイキングさんのかわいい仕業。

追伸:
いまとなって
お母さんが売っていた赤い玉金カバーがしょうしょう気になるところ(笑)
by sun3-sea4 | 2015-10-10 20:29 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

(えび)(めん)

最寄り駅までまたタクシーに乗った。
タクシーの中だけ北極。
汗がいっきに乾いて背中にいい塩が浮かんでくる気配。
あ〜〜〜あぁぁ〜しょっぱい(ザルツライオン細川たかし)



運転手さんに途中でおろしてもらい、見知らぬ街の裏みち探訪。
店頭の寸胴鍋で麺を茹でるごはん屋さんがにぎわっていたので眺めていたら、お父さんと目があった。
食べるか?みたいなジェスチャーをされたのでわたしはうなずいた。

目があい、(えび)(めん)の指差しで通じあったお昼ごはん。
f0170995_14254681.jpg

(えび)(めん)
えびがぷりっとまるごとはいったつみれ
溶きたまご、干しえび、フライドエシャロットが浮かぶとろみ塩スープ、60元。

お父さんとふたたび目があった。
もちろん合図はニッコリ親指、グーグーグー!おいしい合図!
by sun3-sea4 | 2015-10-02 14:24 | SUNSEA旅行記 | Comments(2)

橋の下におりたら大きな音で軽やかなメロディーが流れていた。
そこは週末のダンスパーティーの真っ最中。

f0170995_13344334.jpg


汗だくになりながら背筋をのばしてステップステップターン!

音楽は映画ゴーストのUnchained Melodyから
これまた聞き覚えのある曲が流れ出した。
な、な、なんと、五木ひろしではありませんか!!
長良川艶歌〜!

この橋の下のダンスフロアは
柱に音がはね返ってビンビンと響きわたるグッドサウンドシステム。

爆音で鳴り響く五木ひろしに思わず母国を思い出し涙。
、というのは無かったけれど(笑)しみじみじーんと聞き入ってしまいました。
そろそろわたしも演歌がしみる歳ごろかな?なんちゃって :P

シャキッと背すじののびた艶やかなおじさまとおばさまは
踊って、座って、たばこ吸って、お茶を飲んで、スイカを食べて
また汗だくでステップステップターン!

橋の下は雨天決行のダンスフロア
おじさまとおばさまのパラダイスであった

f0170995_1335120.jpg




by sun3-sea4 | 2015-10-01 13:28 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

by sun3-sea4