2015AW-狼と踊る男

f0170995_1321960.jpg


SUNSEAはシーズンテーマがないので、お店のかたが売りづらい思いをされているかもしれません。
以前は展示会のときに
「今回のテーマは何ですか?」と聞かれて
「ありません…。テーマはいつもSUNSEAです。」とこたえるしかなく、
気まずい雰囲気になることもありましたが、
いまとなってはテーマを聞かれることは、たま〜にあるくらいです。
テーマがないうえにアイテムのラインナップもそんなに変化がないのだから困ったものです。
でもわたしたちはその少しの変化を大事にしています。

そのほんの少しのわたしたちの変化を感じようとしてくださるバイヤーさんには
いつもいつも心からありがとうございます!と思っております。

あるお店のバイヤーさんはサンプルやルックブックを見る前に
レコードプレイヤーに駆け寄って覗き込んで、フムフムフム(ニヤニヤ)
あしもとのレコード箱を、ザクザクザク(ニヤニヤ)
それが毎度なもんだから
「またーっ!サンプル見るよりレコード見るのが先ですか!?笑」
と、ツッコミをいれて大笑いするのがお決まりのパターン。
展示会場ではいつも家から小さなプレイヤーを運んでレコードを流します。
家のようにいい音は出せませんがレコードを流すこと聴くことに意味があります。
そしてその展示会で流す音楽は、少しの変化のひとつでもあります。

朝いちばんのお店のバイヤーさんからは
おなじくサンプルやルックブックをみる前にわたしたちの顔を真っ正面にみて
「どんな気持ちで作りましたか?つぎのSUNSEAはどんな気分なんでしょう?」
と質問をいただきました。
わたしは女ゆえ感情的だからワァ〜と展示会前の気持ちがこみあげてきて
「仕事を終わらせてベランダでビール飲みながら夜空見上げたら涙が出ました!」
なんて意味不明な気持ちを伝えたりもしました。笑
バイヤーさんが聞きたいのはそういう気持ちではないでしょう(笑)
そのあとよねごろうさんがきちんと説明をしてくれるので安心です(笑)

できあがった新しいサンプルやルックブックだけでなく
こんな風に持ってきたレコードをチェックしてもらったり
気持ちやムードを尋ねられることはとてもうれしいです。

SUNSEAの物作りは日々の生活直結型なので
毎日のいろんなことが全部つながって洋服があります。
なのでテーマは毎度ありませんが、
わたしたちの少しの変化につながる興味をもった物事や好きなものをすこしづつ伝えられたらいいなと思います。

そのひとつ

展示会まえにひさしぶりに観た映画、Dances with Wolvesー狼と踊る男。
スー族とじぶんたちをかさねあわせて何度も観ました。
撮影のとき、休憩時間にその映像をみんなで観て、そしてまた撮影を再開しました。
この写真はそのあとの1枚です。

バイヤーのひとりDerrickにDances with Wolvesの話をしたら
おもしろいことを言っていました。
あの映画はミスキャストだ、
ケビンコスナーはじぶんで出演しないでブラッドピットやディカプリオにしたらもっと興行収入があったのに、
って(笑)たしかに〜!それかデニーロとか!?
なんて言いながら展示会場で大笑いしました。

ダンスウィズウルブス!?
えー、なつかしい!また観てみよう!とか
どんな映画なんだろう?と、この映画を観てもらえたらうれしいです。
そしてわたしたちの気持ちやムードを感じてもらえたらうれしいです。



f0170995_190437.jpg

Commented by bere-bow- at 2016-01-30 18:38 x
素敵。であってからズット好きです。いつも楽しみにしています。これからもです。
Commented by sun3-sea4 at 2016-02-01 17:34
いつもありがとうございます。そしてこれからもありがとうございます。
by sun3-sea4 | 2016-01-03 13:20 | SUNSEA top!c | Comments(2)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

by sun3-sea4
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31