石の道にも

f0170995_213618100.jpg


國父記念館のすみ、50mの石の道。
靴を脱ぎ、わたしも歩いてみることにしました。
痛ッた、痛〜〜ッ、痛ッ〜〜〜と、脇の木につかまりながら
産まれたての子鹿のように一歩一歩、歩いていると

りきまないで
いつもの道を歩くように
背筋を伸ばして軽やかに

と、おっちゃんが笑いながらわたしにそう言った(気がした)。

おっちゃんはそう言いながら
お手本をみせるみたいにわたしのまえをすいすいと石の道を歩いた。

痛い痛いと思わずに

りきまないで
いつもの道を歩くように
背筋を伸ばして軽やかに

(なーるほど)

おっちゃんに言われたようにわたしも歩いてみたら
すいすいとまではいかないけれど
今度は木にもつかまらずにずいぶんと痛みがなく歩けました。

そうして気づいたら50mを完歩!
わあーいとひとりガッツポーツをしながら後ろを振り返ったら
喜ぶわたしの姿を見て、おっちゃんがまた笑っていた。

今度は復路にもチャレンジしていると、
石の道を終えたおばちゃまが言った(英語で)

わたしが最初にこの道にトライしたときは半分しか出来なかったわ!
あなたは今日この道をクリアしたから
今日の体調は最高にグッドなはずよ!
(たぶん、英語おおよそ理解できたと思う)

おばちゃまの言うとおり
わたしの足裏はすでにジンジンを超えてポッカポカになっていました。

りきまないで
いつもの道を歩くように
背筋を伸ばして軽やかに

國父記念館わきの石の道にて
人生の道しるべを教わったようです。

ジンジンポッカポカの術!
by sun3-sea4 | 2015-12-30 21:35 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

by sun3-sea4