だれもいない海〜、2人の愛を…確かめたくても確かめられない(涙)

チェックインまであと5時間半…
無事に宿に着いたもののまだ9:30amなのであった。

もうとにかく蒸し暑い!
San Franciscoのスッキリ空気が嘘みたい。
早くジーンズを脱ぎたい!
おなかもすいている。

トランクをフロントに預け(といってもフロントの裏の通路に置くだけ)
朝ごはんをすませ
ビキニに着替えいざビーチへ!
いちおう戸惑いながらビキニを持ってきたものの…
おなかあたりが心配…
けど、けど
まさかこんなすんなりビキニになるとは…
メキシコっちゅう国はどんなにわたしを解放してくれるのだろうか?
(まだやってきたばかりだけど :p)

いざビーチ!と言ってもどの方向がビーチなのかわからなかった。。。。
宿のお兄さんに聞いたら200mだって教えてくれた。
(ち、ちかいじゃないか♡)
バスタオルを借りて、ビーチサンダルに履き替えて、海までlet's go!

f0170995_23243489.jpg

廃墟を横目に海で向かう。
誰ともすれちがわない。

ビキニいっちょうで堂々と歩けるだなんて
海辺の特権。


f0170995_23162863.jpg

クーッククク、聞いたことのない鳥の鳴き声が響き渡り
サササッと目の前を赤い蟹が横断してゆき
目線を感じる、と思いきやイグアナさんと出会った。

f0170995_23161570.jpg


f0170995_232678.jpg

朝すぎてうす暗かった海も
どんどん青くなっていく。

それにしても人がいない…

ジリジリと照らしつける太陽。
独り占めしたような青い海。

SUNとSEA

これぞ我がSUNSEA。

太陽のしたで
思い切り両手をあげスーハースーハー

何もない。海しかない。

それがとても贅沢に感じた午前10時。
by sun3-sea4 | 2013-08-23 23:07 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

by sun3-sea4