元 (!?)夏の女より

なんともまあ!

威勢のいいおねえさん、
タクシー係だった!

おのおのの宿を告げると
あいのりスタイルタクシー(Share Vans)で宿まで連れていってくれるのだ!
100ペソ(¥800)


大声でスペイン語が飛び交う。

「はい!このセニョリータはどこどこホテル!」
(…ってなことを言っていそう)

そうするとドライバーらしきテカテカ日焼けしたおじさまが
手招きしながらわたしを呼ぶ。
「おーい!セニョリータ!こっちこっち!こっちだぞー」
(…ってな雰囲気)

わたしはお姉さん渡された「お代済み」みたいな用紙を手にして
ゴロゴロとトランクを押しながら、おじさんのもとへ向かった。

f0170995_22493861.jpg


ギュウギュウの車内。
前に座った熟年夫婦はずっと手をつなぎラブラブ。
目をあわせたと思ったら、チュ!
話の合間に、チュ!

(やっぱりメキシコはちがうね〜♡)む〜ちょ♡

ついつい熱く観察をしてしまった。笑

海に向かっているだろう山道を進んでいるところで
隣のおじさまが窓を開けたらば
塩っぽい風のニオイとともに
なんだか懐かしいニオイがしてきた。

むむむこのセクシーで懐かしいニオイは…!
christian dior fahrenheit!まちがいない!
f0170995_2353493.jpg

ああ、わたしの海の、思い出のかほり。

海に向かうわたしに
思い出がフラッシュバックする。

海の思い出〜
週末になると
早起きして友達が迎えにきてみんなで海に向かって
海に入って、デニーズでハンバーグ食べて、
真っ黒に日焼けしてたしょっぱいあの頃をいっぱい思い出していた。
by sun3-sea4 | 2013-08-18 19:52 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

by sun3-sea4