未知ナル世界

Hari OM !

HARIDWAR は Har-Ki-Pauri Ghatでの夕暮れ、
アラティと呼ばれる炎の儀式に参加(見学?)しました。


f0170995_17511783.jpg



どんどん集まってくるひとたちで
川岸が埋めつくされていくのですが
こんな多くの人たちがいったいどこからやってくるんだろうか!?(朝晩、毎日!)

調べによりますと
巡礼の期間中は3000万人(!!!!)もの人が
ここHARIDWAR 含め、聖地各地を訪れるらしい !!! 3000万人って…スゴイ!!!

そういえば、ここまできた時に通った道の両側には
広〜い空き地があちこちにあって
壊れたテントの跡がたくさんありました。
放置するところがなんともインド的な…むむむ
そこで寝泊まりしながら巡礼をする、とも聞いたけど、、、はたしてそうなのかな?


f0170995_19235680.jpg

(終わり間近に、先頭にたって大声で叫び出したこの人たちはいったいなんの人だったのだろう…)
(領収書みたいなものを持っている…)
(わたしは勝手に’隊長’と名付けて見ていたのですが、、、怒っているわけではないと思うけど恐かった)

集まり方は、まるで花火大会のようでもあるのだけれども…

日が落ちると集まった人が
一斉に唄い、祈り、火の灯されたお花をガンジスに流し、
最後のクライマックスに結びついていくのですが
それはそれは神聖な空気に包まれます

f0170995_19471114.jpg


f0170995_19472757.jpg


f0170995_1947468.jpg

この群衆が、一斉に祈り、唄うって
想像できますか?

これだけの人々がひとつの信仰に向かって
ひとつになる瞬間というのは信仰の有無、種類を越え、すばらしいものです。


例えは間違っているかもしれないけど
法事のお経の最後に坊さんが叩く木魚が早くなるみたいな感じ!?(ちがう?笑)


未知だったわたしは
想像もつかなかった世界に
ぽーん、と
放り投げられた感じで
ただただずっとじっと見入るばかりでした…


f0170995_1948168.jpg


このアラティはなんと毎日、朝晩に行われているとのこと。

なぜこの炎を使った儀式を毎日朝晩行うか?
少し調べてみたら、とてもわかりやすく説明されていた方がいらっしゃいました。

朝のアラティは
一日を始めるにあたって
自分の中にある不浄な要素を燃やし尽くして一日を迎えるという意味

夜のアラティは
一日の生活の中で自分の中に起こった
色々な気持ちや考えを浄化して眠りにつくための浄化の意味

が、あるそうです。

なーるほど!ガッテン!


わたしが経験したこと(それもたった10日間!)なんぞは小指の垢にもならないくらいのことにすぎないのだ。
インドを知り尽くした人が読んだら「こんなことで!」なんて、鼻で笑われそう…;
インドの理解も、楽しみ方も
100人いたら100通りあるってくらい人それぞれだと思うので
わたしはわたしなりの感想を書いていこう :D

いやいやしかし
もっともっと
いろいろ知りたくなってきて、とまりませぬ…
by sun3-sea4 | 2013-01-10 17:50 | SUNSEA旅行記 | Comments(0)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

by sun3-sea4
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31